あなたの住みたい家見つかる

不動産価格の上昇

不動産価格の値上がり条件は

不動産市況もやっと明るさを取り戻しつつあるとの予測ですがことはそう簡単なことではありません。ここに来て売れる土地と売れない土地の境が明確になりつつあります。売れる土地は都市部の交通の便のいい場所に限られています。その他都市部でも交通の便の悪い土地、地方の土地はこれからも塩付け状態が続くと予想されています。ただ、マンション需要が上向きつつあり都市部の交通の便のいい新築マンションは売出しと同時に完売と活況を呈しています。ところが最近は建築業界が慢性的人不足に陥り人件費の高騰と建築資材の高騰によりマンション着工軒数が前年比8割に留まっていて、マンション価格の値上がりが需要に歯止めをかける様相を呈していますのが気がかりです。

土地投資は慎重にすべき

不動産価格は上がり始めるとそれに連れて物価も上がり株も上がり始めるものですが今回もその傾向が続いています。永年のデフレからやっと脱却途上ですが消費税率のアップと円安によって消費者物価が軒並み値上がり傾向にあります。特に食品関連の値上がりは家庭生活を直撃しています。株は世界中の投機筋からの日本株に向っていますのでこれからも値上がり傾向が続くようです。ところが不動産は内需型の為庶民の不動産への関心が去れば直ぐにでも値下がりに転じます。不動産への投資より株の投資に資金がシフトするからです。これからの不動産は値上がりするか値下がりするか業界筋も読みきれていません。新たな住まいを探している方には金利動向とともに目が離せません。

ペットの認知

以前は、賃貸マンションのほとんどがペット不可だったため、マンション探しに苦労する方が大勢いました。しかし、現在はペット可の物件も数多く存在し、選択肢の幅が広くなっています。

詳細を確認する

不要な住宅は売却

生活環境によって、住宅を使わなくなることがあります。老朽化した住宅の場合、賃貸に活用するより思い切って不動産売却に出した方が大きな利益となります。満足の行く価格で売却するためには、仲介する業者を比較することが大切です。

詳細を確認する

住宅を注文する

注文住宅を購入することで、魅力的な住居を手に入れることができます。注文住宅の販売や施工を行っている会社は多く、満足の行く住宅を建てるためにはそれぞれの会社ごとのメリットを知ることが大切です。

詳細を確認する

最高の工事

注文住宅は、設計を行い購入手続きを行った後に施工に取り掛かります。そのため、工期によっては突貫工事で建設が行われることもあります。工事の質を維持するためには、定期的に工事現場に出向くことが大切です。

詳細を確認する