最高の工事

住宅建築の際に知っておきたいこと

注文住宅は住宅を計画して満足する人が非常に多いのです。しかし実際には住宅を建築している工事の様子を確認することも非常に重要なのです。というのも建築会社によっては工事の質に大きな差がある場合もあるのです。故意に手を抜く場合もありますが、工期などによっては突貫工事となり目に見えない不具合がある場合もあるのです。 注文住宅を提供しているハウスメーカーや一部の工務店で多いのですが、その会社の決算に合わせて間に合うように住宅の引き渡しを行うために工期を急いでいる場合があります。これが施主の要望で工期がない場合はまだしも会社側の理由で工期が短縮されその挙句突貫工事となってしまっては施主には何のメリットもありません。建築会社の決算を知りそれより少し前に工事を行う場合は注意が必要です。突貫工事でなくても物件が立て込んでいることも多く管理が甘くなってしまっている場合もあるのです。

注文住宅のメリット工事中の確認をしっかりしよう

注文住宅のメリットの一つが建築中の現場を確認できることです。そのメリットを生かさない手はありません。しっかり現場を確認し写真を撮影することをお勧めします。後々の記念になることはもちろん、そこで作業している人がいる場合は一言声をかけることでより作業員も気持ちよく作業できますし、作業員と話すきっかけにもなります。作業員は現場作業に関してはプロです。監督やハウスメーカーの担当者では気づけない提案をしてくれる場合もあるのです。注文住宅だからできることなのです。特に住宅建築において大工作業をする作業員は一番長期間工事を行っています。この人たちと関係を作ることでそのほかの業種の人とも話をしやすくなるのです。 10時、12時、15時に休憩していることが多いのでこの前後のタイミングで現場を訪れることで会話しやすくなるのです。