ペットの認知

ペット可の物件が増える背景

最近、賃貸物件でペット可と宣伝するアパートやマンションが増えています。これまで常識であった賃貸はペット不可が大きく変わろうとしています。その背景と言えるのが、ペットと一緒に暮らしたい人が増えたことにあります。賃貸物件の多く林立している地域では顧客の奪い合いの状態で、顧客を取り込むためにもペット可の文句は大きなインパクトになります。ペット禁止の条件を解いたことで、空き室の多かったアパートが満室になったという例も報告されています。しかし、ペット可としたことで、動物を飼う人にはマナーとルールを守ってほしいと、物件のオーナーは述べています。動物を飼う権利を与えられたなら、それに対する責任も果たしてほしいとのことです。

賃貸によってペットの飼える条件が異なる

ペット可の賃貸物件が増えたことは喜ばしいことですが、賃貸によって動物を飼養する条件が大きく異なります。室内飼いのペットのみというアパートもあれば、大型犬も許可されるマンションもあります。これからペットを飼いたいと考えている人は、事前に物件の管理会社に確認を取ることです。そして、もう一つ注意が必要なのは、ペットが飼える物件は、他の住宅に比べて家賃が割高に設定されている場合が多いということです。動物を飼養することで、部屋の壁や施設が傷むことを考慮に入れれば仕方のないことでもあります。そして、動物を飼う人は、周囲にいる動物が苦手な人への配慮も十分に行うことです。特に共同住宅の場合は、動物が原因となる迷惑行為を防ぐことも大切です。